議会報告ASSEMBLY REPORT

2019.01.28 カテゴリ:平成30年の議会報告 平成30年の議会報告

平成30年 岩田国夫議員活動 ■第331回2月定例県議会 (2月23日~3月23日) 県議会議長岩田国夫の開会により、平成30年度奈良県一般会計、特別会計、企業会計予算案並びに同29年度一般会計補正予算案をはじめ、条例の制定、改正および廃止などの諸議案が審議されました。  また、荒井知事より新年度における取り組みについての説明がありました。 ①健康寿命日本一を目指した、高齢者や障害者を含む誰もが健やかに暮らせる地域づくり ②県民が安全で安心して快適に暮らし続けられる奈良県づくり ③奈良県経済の好循環を促進し、働きやすく、よく学べる地域社会をつくること ④農・畜産・水産業の振興と農村活性化、及び林業・木材産業の振興と新たな森林環境管理体制の構築 ⑤奈良が有する観光資源や歴史・文化資源を活用した県内への誘客の促進、観光産業の振興 ⑥県土マネジメントの推進と、住みよいまちづくり ⑦南部地域・東部地域を頻繁に訪れてもらえる、住み続けられる地域にすること ⑧県と市町村の連携・協働による奈良モデルの推進 ■第332回6月定例県議会 (6月18日~7月3日)  今定例会では、条例の改正・公社の経営状況の報告など34議案が審議されました。 また、最終日には正副議長選挙が行われ、各委員会等の委員も任命されました。第98代議長・岩田国夫から第99代の川口正志議長に替わりました。 副議長には奥山博康議員が就任されました。 ■第333回9月定例県議会 (9月13日~10月19日) 今定例会では、一般会計補正予算案をはじめ、条例の制定及び改正、平成29年度の公営企業決算の認定など21議案が審議されました。 ■第334回11月定例県議会(11月30日~12月14日) 平成30年度一般会計補正予算をはじめとして17議案が審議されました。 ■経済労働委員会県内調査  5月14日、経済労働委員会の皆様により、奈良県食肉センター(大和郡山市丹後庄町)の施設および管理・運営について県内調査が実施されました。  【設置目的】奈良県食肉センターは、県内5カ所のと蓄場を整備統合し、食肉の安定供給と流通の合理化及び畜産の振興を図ることを目的に、衛生的で効率的なと蓄場解体処理施設、集出荷調整機能を有する冷蔵保管施設、流通の拠点となる卸売市場施設の三つの機能を完備した奈良県全域を流通圏とする総合的な食肉施設。 ■観光振興対策特別委員会県内調査(8月27日) 【調査目的】 中金堂の再建について  観光振興対策特別委員会による興福寺中金堂の再建視察が行われました。工事に使用する大きな木材が日本で確保できないため、香港の社寺で使用実績のあるアフリカケヤキなどを使用したこと、再建した中金堂が維持管理をきちんとすれば1000年持つことなどの説明を受け、国、県の施策として保存に力を入れる意見交換を行いました。 【調査目的】 天理市の観光振興などの取り組みについて  オープンしたコフフン広場の状況を視察し、年間260件以上のイベント開催、増加している子どもたちの利用状況などの説明を受けました。またコフフン広場整備において、音楽やスポーツ活動をしている団体の意見を集約しながら、天理のミドルのまちにあるさまざまなコンテンツを生かせる仕掛けを心がけたなど、先進の取り組みを紹介しました。  このほか、フィルムコミッション事業、フェイスブックで発信し、多い時では1万人の記事閲覧がある「e~やん天理」の取り組みなどについて調査研究、意見交換を行いました。 ■建設委員会県内調査(9月3日) 【調査目的】 大和川流域総合治水対策に係る遊水地について  建設委員会で遊水地事業の候補地を見学するとともに、河川整備計画の概要説明を受けました。奈良盆地で放射線状に広がる支川が集中して合流している特徴が大和川にはあり、内水による浸水被害を軽減することを目標に河川整備を行います。 【調査目的】 国道の整備について  奈良県北西部における南北軸の重要な骨格幹線道路の位置付けがなされている国道168号王寺道路・香芝王寺道路の整備状況の説明を受けました。  また国道169号(高取バイパス)の整備について、工事概要の説明を受けました。県南部の観光振興や利便性の向上および地域の活性化などの事業効果が期待されています。 【調査目的】 大和高田市駅アンダーパスの安全対策について  降雨の際、道路の冠水被害が報告されている大和高田市駅のアンダーパスへの対策と、現状を視察しました。周辺の排水状況調査を実施する予定です。

前のページヘ戻る

メール
ご意見・お問い合わせ
岩田国夫事務所

皆様方からのご意見ご要望をお待ちいたしております。